2017. 04. 23  
hok_20170423063947ccc.jpg
今週末はゴールデンウィークかと思うぐらい頑張ることが出来ました福良マルシェさんに新鮮な野菜を買いに行ったとき
新鮮なお魚を陳列するクボタ水産さん夫婦いぃですね~頑張ってますね~
夫婦・家族・若い衆いやぁ~素晴らしい・ 気持ちえぇですね~

連休は 商売人のみなさま大変かと思いますが 地元 淡路島・福良を盛り上げ 子供たちが 地元で飯食える環境に
少しでも出来るように俺ら中年世代も 若い世代に頑張ってついていかなくてはと。

魚は腹のかたい えぇのよったら 魚へんに春 の鰆も行けそうですね~ 大量に魚を消費するので色々スピード面とか(お客様は渋滞で疲れていると思うし)色んなことを想定して 魚の美味しい淡路島にしたいですね。

とか言いながら 写真は最後に最後に 燃え尽き 友達と呼べる先輩方と これのみです

ベンツにレクサスの先輩二人だったんですが 商売や金儲けの話になり 俺は「色々やり方もあるのはわかっているんですが
友達が来てくれる店でいたいんです」と だから俺もクボタ水産さんのこういっちゃんと同じ こういちゃん嫁さんは大事にして
夢は嫁さんの週休二日制にもっていけるように頑張ろう
スポンサーサイト
2017. 04. 21  
kib.jpg
外人さんは変な漢字を入れ墨いれてますね~

人生半分終わってしまった俺は 背中に 自己管理 と 入れ墨を入れた気持ちで頑張っていこうと

自己管理できない中年は全くダメだ無意識の間に携帯触る人無意識のうちに大事なとこ触る人 自己管理・自己管理 そんな 簡単な問題でなしに
2017. 04. 20  
前にも書かせていただきましたが 良いものを知ったらなかなか品質は落とせない

最近は強気な 店も多いが 俺の理想とは違う 高級店を否定するつもりもないが 高級店に付加価値
などのサービス以外(野球でいうストレートだけでは負ける気がしない)扱う食材では負けないように いや自信あるぜ

そこで 一匹のオコゼでも 丁度良い加減に片身を寝かせ 薄造りで一品 頭ともう片身は鯛の子・子芋などとで一品
骨も天麩羅のあしらえに骨せんべい そんなこんなで 今日も良く口もこえた 福良のおばちゃんたちにも3500円のコースで喜んでもらうことが出来ました。 料理を作りながら 自分のおかんの歳ぐらいお客様もおられたので

この歳になり 俺もおかんに美味しいもん作ってたべさせてやりたかったなぁ~と おかんのことを思ってみたり

vg.jpg
vgg.jpg
2017. 04. 19  
火曜日は結婚記念日誕生日今後の良き福良を作っていってくれる魅力的な若い世代の集まり福良の街の大事な産業 ちりめん家業の東京市場接待そしてデートそして家族で

色んなお客様にご贔屓のしていただき 本当に準備してきたこと・皆様との縁感謝感謝で

vtt_2017041922293088c.jpg
そして営業がそうですね~11時はなってなかったですかね~俺と謙太郎がカウンターでドリンクを作っている時に
先輩が 「人生には8つの風が・・・」との話をしてくれていたんです(深い・愛のある・謙虚な話なんですよこれが・・)

そして先輩が「結婚33年 5年付きおうて38ねん ここに来るまでには色々あって 乗り越え 離婚の危機とか・・と話をしていてくれる時

可愛い後輩が 「ほりゃ~夫婦と言えど違う家庭で育った二人が一緒に・・離婚しようと思た時は・・・」と話している時に




vt_201704192229290ef.jpg
血を超えた絆の 義理のお父さんが 義理の息子に言った言葉がふか~~~い




「こーちん お前 もう 離婚しとんないか」

この関係 大きいわ~

ちなみに 最後の最後に 福良の街を考える会の 大ちゃんに「ばんくん また一週間ブログ休むんだぁ~」と
刺激をいただいたので 俺はまた今日も こうしてパソコンに向かうことが出来まして

これは裏を返せば 俺が後輩の奥さんに5週間は長いわ~
休みすぎ~ 福良の少子化にストップの 愛の手助けが必要なんだろう~と
森脇けんじ なみに 勘違い野郎しております
2017. 04. 18  
淡路島産の分葱やアスパラ・玉ねぎ・竹の子・をはじめ 美味しいなぁ~と思う野菜をはじめ
鯛の身は勿論 白子 お寿司はハリイカ サヨリなども鮮度の差がぐっとでる食材が自慢だったり
オコゼやメバルの身が弾ける感も自信たっぷりだったり そんな日々がずっと続き お客様にも良くしていただいていたのに
まったく写真もとらず ブログをなぜ書こうとしなかったのか?自分なりに考えてみた
sino.jpg
同級生の あだ名が先生と言われる 大成功者の友達と飲んでいる時何気ない会話で「良く頑張ってきたから今からは目指すものや大切にしていくものが・・・」みたいな この手の感覚はある程度年齢を重ねると良くある話だが・・・俺が考えさせられたのは
先生がある程度のレールに乗れたにもかかわらず このままでえぇんかなと思って もう一回ものすごく勉強しなおしてとの話・その時期を支えてくれた奥さんの話 先生も素晴らしいけど 奥さんも本当にえぇんですよ現代の自分の事ばかり主張しがちな女子でなし 気持ちよく 男をやる気にその結果 倍以上に大事にされ幸せに包まれている感が

何かと 人のせいや 時代のせいに してしまいがちなとこは誰にでもあると思います。
俺も バイト世代が 自分の子供世代になり 色んな感覚の違いや時代やなぁ~と思うこともありますが

こう思う時もあるんです 昔は俺や嫁・ベテランスタッフも 自分たちも もっともっと共に店やお客様のことを思い
バイトに子達にもこうしたら良くなると思うねんとか 共同してというか そんな会話があったと思う だから 若い子も
入ってきやすく 頑張りやすかったのではないかと?今は ただ教えている感が そう ベテラン人は出来ている感が
良くないんでないだろうかと?自分も含め

あとは得意の脱線ですが 白髪めちゃ増えてしかもハゲも進行中運動して体はすこぶる
絶好調なのだが なんか・・・老いよるのを認めたくないよって運動しよる悪あがきのような気がしてきて・・先々月も美容院で白髪そめたのにまた 行かんなんのかと思うと はげの進行にも良くないんちゃうとか?「白髪染め代 稼いで来い」嫁に言われたらどうしようとか

あとはリアルに 河豚の時期が終わり 各 業者さんからくる請求書そうなんです 春は毎年のことですが原価率めちゃ上がるんです わかってはいるし どうにかしようとは思っているんですが・・どうも 扱う食材を下げることはできない俺  嫁はんに言わせると「アホけ」 

と・・まぁ 長々と書きましたが ズバリブログさぼりましたお気にかけてくださった方すみませんでした。
プロフィール

心まんだい

Author:心まんだい
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR