2014. 04. 11  
常連の先輩と飲んでいる時の話を 先輩は凄く万代を可愛がってくれる

お客さんと来るとき・女性を喜ばす時・一人で飯  とても気さくだが紳士な一面もあり


こだわりもある グルメで 皆様には説明しにくいが 一言であるていどニュアンアスだけでもと思うと

ズバリ  痛風だ 

かなり微妙な話だが その時の会話はこんなのだ

俺は男性が女性を 親が子供を おじいちゃん・おばあちゃんが 社長が  要は

女性がその店を気に入れば・・その女性に「またあそこに行こう」と言われることも多いと思うのですが・・

俺は最終的にはどっちも同じようなことになるのですがお金を払うのが男性ならその人に

お金を払うのがおばあちゃんなら おばあちゃんに  なんとなくだが 実際 お金を払う人に可愛がってもらえる店にしていきたいと思っていると 話していたんです(目線とか感覚とか空間・細かい何かがね)

こんな話も 裏座敷の家を宴会場としてつかっているのだが その家を建てたとき 俺はその土壁を机を移動さす時に傷つけてしまったことがあるその時、親父は「ドアホ~もっと気つけとれ」とそして 今の新しい店は俺が細かいとこまで 色々考え借金まみれで作ったので 繊細なとこまで注意をして大切にしている。

今思うと親父の家を建てたときの感覚・大切にする感覚が俺には理解出来てなかったんです人の立場に立って考えることが出来てなかった



今俺は、人には迷惑をかけないように気をつけているが 万人に愛されるのは難しいでしょう?

そして、人はなぜ集まるのか?何に集まるのか? そんな話をしていると帰り際に先輩が言った





携帯をパソコンの様に使いこなし 「この〇〇〇〇ってAV女優」知っとる

先輩 長生きしてくださいな 明日は真面目な料理のブログ書く予定です
スポンサーサイト
NEXT Entry
ご予約ありがとうございます。
NEW Topics
揺るぎなき自信などそうそう
超貴重な
お盆の最終日にこの天然モノ
この後どうなるのかと思い
これが一番えぇかも
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

心まんだい

Author:心まんだい
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR