2016. 01. 01  
30日から31日に続いた 先輩の忘年会も盛大に26時間続き

最後は毎年のように同級生が 蟹と年越しそばを食べに来てくれる

死ぬほど疲れていたが 秋ごろから思っていたことがあったんです

1_20160101170631100.jpg
流石に元旦だけは完全に休ませてもらっているのですが・・去年までは学生だった長男は今年から板前修業

我が家で言うと 俺が早朝から深夜まで働いて 帰ってきて暗い冷たい部屋の電気をつけるときの気持ち

嫁が家族の洗濯をしている時の気持や 子供の世界での色々な気持ち その立場に実際たたないとわからないことが多いと思うんですが・・・長男が元旦に仕事に行くときに なんか一人にはさせたくなかった かといって 男同士 しかも 元旦から仕事なんて サービス業なら当たり前といえば 当たり前なのでいつものように あいつが 行く前に 俺が調理場にたって

普通に仕込みをしていようと秋ぐらいから思っていたんです。(まぁ仕事と遊び以外苦手なだけなんですが

13_201601011706331db.jpg

長男が仕事なので 残りの家族4人で4匹の柴犬をつれて 福良の港まで

12_20160101170632f2a.jpg
漁師町の なや では 漁師さんが 最近 どの 職業でも その職業のプロがいて

そして 上には上がいるという事を よく思うようになってきて 覚えるだけでない仕事

経験と実績を積んでの更に上をめざし 死ぬまで勉強ということを 少しづつ形にしていきたいなと

14_2016010117063534d.jpg
綺麗ごとでは生きていけないのですが・・・少しでも 俺に 少しでも万代に 関わってくださる人に

出来るだけ ほんの少しでも 思いやりを持てるような心と そうできるような環境を

今年もまた 元旦から 
スポンサーサイト
NEXT Entry
ほんま色々あるんやけど
NEW Topics
おやじ
友達
きれいに
手間暇かけて
父親の一言が
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

心まんだい

Author:心まんだい
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR