2018. 02. 13  
人は時には自分のセンスを信じ込まないといけないことも

また 時には客観的みて変化を混ぜ込まなくてはいけないことも

年末年始には当たり前ですがお正月用の食材を仕込みます 数の子や 黒豆なんかが代表ですが
2日から仕事している俺は どうも 3が日を過ぎてから お正月用の食材を店で出すのが
何となく もう 家で嫌と言うほど食べたのではないだろうか?なにか残り物を出してきているのか?と思われないか?

など 気になるんです ならばその食材をどうするか?そこが職人の基本がいかに出来ているか?
例えば 数の子などは ご贔屓にしてくれている酒蔵さんが酒粕をくれるので そこに味を調え
粕漬けにすると 丁度えぇ具合に漬かったり・日持ちもしたり・正月も過ぎ去っていたりと

se_201802132223020ab.jpg
あとは もう一つ 3ねんトラフグ 立場も違えば 言い分も違うし 個人的な意見もあるかと思いますが

当たり前ですが モノは相場があります オリンピックではないですが追う方・追われる方で これまた色々と

あんまりぐちゃぐちゃ喋ると迷惑かけてもあかんので俺の言い分はこうです。
3ねんトラフグは確かに品物として素晴らしいです価格は少しは高いですが
元々 数年前に先輩から 漁師さんや水産屋さんの努力・相場の安定の話を聞いて
その熱意にうたれたんです俺は あれから時は流れ 色々な感覚で金儲けする人も出てきた
人はえぇ意味でも悪い意味でも慣れる 話をするりと河豚から蟹に変えます

俺は 毎年蟹を食べに行くのですが より良いとこ 価格もしかり・・たどり着いた答えは
気に入ったとこに 気にいってもらえるようなお客さんとなり 要望も聞いてもらう これが一番と思う。

現に 万代には あぁ~あの人が来てくれるんだったら 美味しいもんを絶対に食べてもらいたい
と 思うお客様が沢山いるから 特別がさらに特別になるように
チョクい考え ちか欲な考え 流行を追うようなミーハーな考え・・・以下省略です
スポンサーサイト
NEXT Entry
申し訳ございませんが
NEW Topics
市場では
二人のセンスはグッとです。
この時期何が美味しいのか?
こんなとこでも年齢を感じる
動く動く
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

心まんだい

Author:心まんだい
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR