FC2ブログ
2019. 05. 10  
ようやく チリメンが出てきたようで俺ら地元にはちりめんに関わる仕事が多いので 嬉しい事である。

しかし 海はいろんな種類が産卵期になっているので 細かい網でとる チリメン漁には いろんな混ざりものもと(関係者さん)

鯛も オコゼや 鰆 なんかも 子の加減で見質も変化します。 鱧とかは今から グッと子を持ち えぇ状態に

モノを判断し 価格を勉強し 適した料理法で マグロも 近海物で違いますが そういえば鰹も 産地を選ぶと 抜群に

と 魚の話はこの辺で


IMG_1101 (002)
休みに友達の美容院に行った時の事 本当に繁盛している いつ行っても 地元の皆様に愛されている感がある
何か勉強になるのではと 常に その何かを その時の会話で あと五年すれば・・・末っ子は高校・その先となりたいことが明確になっている彼女はそのラインに 次女も大学は卒業しているだろうから 長男は 年月でと言うことではないが
俺がおじいちゃんになっている確率は 


そう考えると 一昔前に 先輩方から 後継ぎさんが帰ってこられた時 俺に 自分の時はどんなんやったで みたいな話になったのを思い出す・ 親父は 無茶苦茶なとこもあり おかんが早よ亡くなり 気持ちもわからんではないが 仕事にやりがいをもって
キッチリ見たいな感じでなかったので その時のことは鮮明に覚えているが そんな事よりも 何より わかりやすく
しょうねが 入るのは やはり会計を持つということだろう これが一番 

いろんな無駄を考え 逆に必要不可欠なこと 人のやる気 本当にお客様に喜んでもらえるようなこと 選んでもらえる何か
そして 継続していけるだけの 色んなことを実力としてつけないといけない そして 人には安心とか思いやりとか
その他 複雑なこともクリアしていかないといけない

スパッと 何年か後には 税理士の先生なんかにも相談しながら 謙太郎や息子たちが気持ちよく働けるようになるなら

俺や嫁より 若い衆を雇うほうが 良いなら その体制も頭に入れながら 邪魔にならないように次のことも

逆に 楽になるなら 役に立てることは助け合いできるように まだまだ バリバリ働くことは確かですが

令和確かに 時代は進んで
スポンサーサイト



NEXT Entry
裏では
NEW Topics
この鮮度
ちょい自慢させてください
定め
殿さま方
定休日やけど仕事して良かったなぁ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

心まんだい

Author:心まんだい
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR